HOME
■サイト内検索

■洋画
 □カタカナ順
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 □クラシック
 □ドラマ
 □コメディ
 □サスペンス
 □アクション
 □ポリス
 □スパイ
 □犯罪
 □カー
 □ミュージカル
 □史劇
 □文芸
 □戦争
 □西部劇
 □アドベンチャー
 □パニック
 □ギャング、マフィア
 □SF
 □ホラー
 □スポーツ
 □香港
 □ドキュメント
 □アニメ
 □エロス
 □B級
 □アカデミー賞
 □カンヌ映画祭
 □ヴェネチア映画祭



■邦画
 □ひらがな順
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 □名作
 □ドラマ
 □喜劇
 □サスペンス
 □アクション
 □刑事
 □時代劇
 □戦争
 □文学
 □パニック
 □東映ヤクザ
 □ギャング、ヤクザ
 □特撮
 □怪奇
 □ドキュメント
 □アニメ
 □エロス
 □B級
 □海外映画祭受賞
博奕打ち   (1967・東映京都)
■ジャンル: 東映ヤクザ
■収録時間: 90分

■スタッフ
監督 : 小沢茂弘
企画 : 俊藤浩滋 / 橋本慶一
脚本 : 小沢茂弘 / 村尾昭 / 高田宏治
撮影 : 鈴木重平
音楽 : 津島利章

■キャスト
鶴田浩二(海津銀次郎)
若山富三郎(大関勇)
待田京介(花沢義松)
小池朝雄(桜井丈吉)
山城新伍(新吉)
桜町弘子(小菊)
博奕打ち
「弱いオナゴどついて!男の値打ちあがるんか!?」男がシビレル男の美学。男は何でも簡単がいい!細かいことはオナゴに任せて、ただただ「男の値打ち」を上げていけ!

■あらすじ


明治初期の大阪で、稀代の博奕打ち・海津銀次郎(鶴田浩二)は舎弟義松(待田京介)を従え、義理、人情の渡世に生きていた。そんなある日ふとしたことから飛田遊郭の新吉(山城新伍)から、助けを請うことになる。新吉の遊郭が、いかさま賭博によってこしらえた借金により黒田一家に乗っ取られかけていたのだった。黒田一家の代貸し・大関(若山富三郎)のあくどい企みを阻止すべく銀次郎が立ちはだかる。


■若山富三郎の覚醒


若山富三郎 博奕打ち
東映での若山富三郎(1929−1992)の快進撃は本作の大関役の怪演から始まった。日本一恐いメンチを切るオヤジの誕生の瞬間。そして、このあとに若山の『極道』シリーズ(1968〜1974、全11作)が生まれるのである。元祖コミカル・ヤクザの誕生だった。

とにかくこの大関という男、まさに鬼畜そのものの男で、オンナは殴る、約束は守ろうとしない義理・人情の欠けらもない最強の悪党なのである。いちいち怒るたびに丸縁眼鏡を取ってぶちぎれるのだが、この男のメンチの切れ味は伊達じゃない。
しかもこの丸縁眼鏡をかけるという発想は若山自身から出た発案だった。

特に圧巻はこの2シーンである。
「わいは黒田一家代貸し大関勇だ」と名乗る時のこの「だ」の言葉の締めくくりの見事さとその後のメンチの恐さ。そして、もう1シーンは銀次郎に指を詰めさせる時の一言「ただ詰めるんやないで、縦に裂いてから詰めるんや!!」

東映の映画に出始めた頃の若山は、鶴田浩二のそばにも寄れない存在だったが、もうこの頃になると、鶴田にさえも一目置かれる存在になったという。
当時、鶴田、若山、丹波哲郎の三人が東映の重鎮俳優として君臨していたが、鶴田は丹波に弱く、丹波は若山に弱く、若山は鶴田に弱かったという。


■負けっぷりも博打のうちじゃ!


オープニングの70年代香港映画風のいい意味でB級な大仰な音楽を背景に、盆の上の所作を魅せる小池朝雄(1931−1985)の姿から始まるのだが、本職の博奕打ちが何人も参加しているだけあって、何とも言えぬ緊張感が漂っている。そんなホンモノの空気が作り上げられているからこそ、諸行無常な風貌の朝雄の表情も実に映えて見えるのだろう。

この作品自体は極めて平均的な東映仁侠映画だが、そんな中にもきらりと輝く瞬間がある。それは文句のつけようの無い鶴田浩二に「鬼畜のような悪党を演じる若山富三郎」と「珍しく義理人情に厚い博奕打ちを演じる小池朝雄」の魅力によって生み出されたものだろう。そして、そんな中に待田京介の軽さが見事にマッチングしている。


■相変わらず小沢茂弘は女性の描写が苦手


博奕打ち 博奕打ち
小沢茂弘の演出は鶴田や若山の描写においては実にすばらしいのだが、どうしても女性を描く能力に難がある。この監督の映画がどうしても物足りなく感じる理由は、ひとえに
「女性の情感の演出」の拙さにあるといえるだろう。それともう一ついうならば鶴田と小池のような魅力的な人間関係の構図を、娯楽映画として巧みに演出する能力に欠けていた。

桜町弘子
銀次郎と義松と恋仲になる飛田遊郭の女郎に扮するのは「お姫様女優」桜町弘子と橘ますみ(1945− )。特に本作は橘ますみのデビュー作である。のち彼女は早々に東映異常性愛路線に邁進していくことになる。そして、1971年引退した。何ともいえない「男ねだり」のうまい魅力のある女優である。

ちなみに当時借金で火の車状態だった藤山寛美(1929−1990)も出演している。これは藤純子の父であり、東映のボス俊藤浩滋が男気を発揮して、救済活動の一環として藤山寛美を出演させているのだが、この頃の多くの東映任侠映画に助演していて得意のアホ芸で作品の緩急の役割を果たしてくれている。


■仁侠映画ならば!最後は花を散らさねば!


鶴田浩二
仁侠映画といえばやはり最後の殴り込みだが、耐えて耐えて遂に爆発するという爆発力には、本作は欠けており、結構淡白なラストになっている。
何よりも残念なのは早撮りの小沢なので、「決定的な絵作りの弱さ」と「役者の魅力を個々で出すのは得意だが、それを絡めあわせケレン味を出すことの苦手さ」故に可もなく不可もない印象しか残らない。

それにしても結局は2人の女郎が上海に売られていき、義松も絶命するという展開は何ともやるせなさだけが残る結末だった。

− 2007年9月12日 −


当サイト内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで映画文化の熟成及び芸術復興を標榜する当サイトの意図により、
「映画を文章だけで云々することの不誠実さ」と「目で感じる芸術及び娯楽」である映画に対する敬意の姿勢で使用しております。よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。
画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。
このサイトは、100%非営利に、純粋に「映画解釈の究極」を求めて運営されています。取り上げるべき作品・感想等ございましたらどんどんメールください。
当サイトはリンク・フリーです。
Copyright (C) 2007 Geijyutsu Taizen. All Rights Reserved.
Mail:webmaster@summaars.net