HOME
■サイト内検索

■洋画
 □カタカナ順
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 □クラシック
 □ドラマ
 □コメディ
 □サスペンス
 □アクション
 □ポリス
 □スパイ
 □犯罪
 □カー
 □ミュージカル
 □史劇
 □文芸
 □戦争
 □西部劇
 □アドベンチャー
 □パニック
 □ギャング、マフィア
 □SF
 □ホラー
 □スポーツ
 □香港
 □ドキュメント
 □アニメ
 □エロス
 □B級
 □アカデミー賞
 □カンヌ映画祭
 □ヴェネチア映画祭



■邦画
 □ひらがな順
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 □名作
 □ドラマ
 □喜劇
 □サスペンス
 □アクション
 □刑事
 □時代劇
 □戦争
 □文学
 □パニック
 □東映ヤクザ
 □ギャング、ヤクザ
 □特撮
 □怪奇
 □ドキュメント
 □アニメ
 □エロス
 □B級
 □海外映画祭受賞
女必殺拳   (1974・東映東京)
■ジャンル: アクション
■収録時間: 86分

■スタッフ
監督 : 山口和彦
脚本 : 鈴木則文 / 掛札昌裕
撮影 : 中島芳男
音楽 : 菊池俊輔

■キャスト
志穂美悦子(李紅竜)
千葉真一(響征一)
天津敏(角崎重臣)
早川絵美(早川絵美)
内田朝雄(藤田徹道)
宮内洋(李万青)
大堀早苗(湖城しのぶ)
女必殺拳
こんな妹欲しくないですか?オレも助けられてぇ〜。上下白のクンフー服姿の悦っちゃんに。それにしても悦っちゃんの笑顔ってエロいよなぁ。その可憐な素の表情とのギャップがまたたまらん。こんな悦っちゃんになら蹴られてみたいと思うヤツがいてもオレは変態とは思わないよ。

■あらすじ


横浜で行方不明になった麻薬Gメンの兄を探すために、香港から日本に渡った李紅竜(志穂美悦子)。少林寺拳法の使い手響征一(千葉真一)たちの手を借りながら、麻薬密売をしているセントラル貿易に兄が捕らわれていることを知る。早速兄救出のため、そして、セントラル貿易の壊滅の為行動を開始する美しき女拳子″g竜だった。


■志穂美悦子はやはり日本の至宝


志穂美悦子
この作品オレが生まれる前に公開された作品です。でもそんなオレでもこんな妹に助けられてェ〜と妄想してしまう程、悦っちゃんが魅力的です。悦っちゃんが主役の映画を初めて観たオレにとって、こんなに悦っちゃんがカワイイとは想像もつかなかった。

闘う悦っちゃんのひた向きな姿が、最高に魅力的。そして、いまだに日本で悦っちゃんを超えるアクションが出来る女優は登場していないなと実感した。惜しむべくは、ロー・ウェイ監督、ノラ・ミャオ共演、主役ジミー・ウォング先生以外で何か(香港で)作品を撮る経験があればもっとクンフーの魅せ方も洗練されただろうにな・・・と感じた。

悦っちゃんのクンフーの切れは、明らかに他の共演者(サニーを除く)とは次元が違った。本来の企画であるアンジェラ・マオとの幻の共演も観たかったが、ベティ・ウェイあたりとの共演もよかったかも・・・
はっきり言って悦っちゃんは日本映画だけに留まらない程の魅力に溢れてます。


■最低の条件で最高のパフォーマンスを魅せる悦っちゃん


女必殺拳 女必殺拳
冒頭早速師匠サニー直伝のクァ〜〜呼吸法を丹念に繰り返し、ヌンチャクを振り回し演舞に励む悦っちゃん(1955− )。オレ的には少林寺拳法の胴着は好きではないので、イマイチ魅力を感じないが、ヌンチャクを振り回す悦っちゃんの真剣な眼差しはやはり堪らない。

目で男を殺せる女なんだね悦っちゃんとは。こんな女優なかなかいないよ。それにしても超ベタな中華風音楽と共に隠し撮りした香港(しかし、空撮の映像は本当に香港か?)の絵の後で、団子にしたヘアースタイルにピンクのクンフー服姿の悦っちゃんが登場する。

しかし、そんな悦っちゃんの姿よりも隣に立つ香港警察のオヤジの眼鏡の端にぶら下がる金の鎖の方が気になった。おかしくないか?これ何かを狙ってのことか?オレは気になってしょうがなかった。

行方不明になった麻薬Gメンの兄を追って香港から横浜に上陸する悦っちゃん。
早速喫茶店で頼む食事は、中華料理ではなくスパゲティという何かを狙ってるのか狙ってないのか分からないチョイス。そして、喫茶店で与太者に絡まれるのだが、この時の悦っちゃんの表情が実にキュートだ。悦っちゃん19歳。全てがピチピチしてます。


■サニー千葉登場 もちろん出るからにはオレが目立つの姿勢


女必殺拳 女必殺拳
中途半端にエロいストリップ・バーに、女一人で佇む悦っちゃん(
しかも女の裸を見て恥じらいの表情一つも見せぬ悦っちゃん)。そこで香港から派遣された潜入捜査官ファンシンと合流する。しかもあっさり敵に発見される二人。っていうか密会じゃなかったのか?東映には隠密捜査の二文字はなぁぁぁ〜い!

そして、派手な乱闘をかました末に、唐突に登場するサニー千葉。オイオイお前が目立ってどうすんだよ。

そして、これまた唐突に少林寺拳法の道場での稽古風景へと場面は転換し、画面の奥でさりげに存在する内田朝雄。そこで再会する悦っちゃんとサニー。そして、のちに「ザ・カゲスター」のパンチラ姿で多くの少年に手鏡でパンチラを覗くスリルを妄想させてしまった早川絵美(1955− )嬢も登場する。夫はアカレンジャー・誠直也。


■文太兄ィを見習え!天津敏よ


謝秀容 女必殺拳
そして、舞台はサニーの恋人の経営するバレエ教室へと転換し、東映らしい抜け目の無いエロ描写が挿入される。くたびれた女・謝秀容(ファンシン)が、やる気のない天津敏扮する敵ボスに、身体を愛撫されるシーンである。しかし、オイオイ『仁義なき戦い』の文太兄ィを見習って、ちゃんと乳首に吸いつけよ。

そんなツッコミを入れたくなるほどにやる気のない絡みの回想シーンに唐突に登場するアオレンジャー・宮内洋(1947− )。しかも凄く弱いそのお姿。それはともかくとしてバレエ教室で優雅に踊る大堀早苗の周りで
黒レオタードで踊っている生徒たち。足上がってない上に何故か半笑い。オイオイ・・・


■最初はゆっくりでオレにも肘鉄おねがいしまぁ〜す


女必殺拳 女必殺拳
「目には歯を! 歯には鉄拳(ハンマー)を!」予告編より

悦っちゃんのバレエ教室での格闘は冴えに冴まくってます。特にもうひとりの「琉球湖城流空手」の使い手湖城しのぶに扮する大堀早苗(1949− )の殺陣がダメなだけにより悦っちゃんが引き立つ。

特に悦っちゃんの18番。必殺肘鉄&フミツケ・・・う〜ん。オレもお願いします・・・なわけねぇだろ。しかし、公開当時、剛君はそういった妄想をしてたんだろうなぁ。絶対。そして、実行してもらえたんだろうか?「このクンフー着来て、踏んでくれよ」ってな具合で。少し羨ましいかも・・・

それにしてもこのやられ方がジャッキー・チェンばりに上手い男性。『宇宙刑事ギャバン』などでのちにオレをリアルタイムでときめかせてくれた大葉健二(1955− )だ。


■見よ!スーパァ〜インポーズを!


女必殺拳 女必殺拳
そして、この辺りからこの作品は怒涛の暴走へとなだれ込んでいく。まずはモヒカン頭にパプアニューギニアあたりの原住民が持ってそうな盾を持った不審なタイツ男。吹き矢で女を殺し、罪も無い小鳥ちゃんまで殺すのだが、その辺りはさすがは東映。小鳥を余裕で殺すんだから。

それにしてもこいつの姿が停止して、名前がスーパーインポーズされるときに流れる「チャララン」という拍子抜けする音楽。何故か頭に残るよな。

さらにバンッババンッというクラシックの壮大な音楽と共に、本作においては流石にニューヨークといった見栄は張らない豪邸にプールといった場所へと舞台は転換していく。クラシックに合わせて永井豪の「キューティーハニー」タイトル文字チックなスーパーインポーズと共にギャグなのか真面目なのかわからない面々が紹介されていく。

とにかく最初に脱力させられるのが、トンファ使いのネレー。こいつがデブオヤジがチャンピオンベルトをはめて重量挙げしている(コイツはかなり謎のキャラ)近くで、積み上げたブロックを割ろうとするのだが、失敗!オイオイ。せめて撮り直せよ山口君。

そして、お次に登場するのが
「南半球空手チャンピオン」エバ・パリッシュ。今や伝説のブロンド女格闘家だが、空手の型を見せた後は跡形も無くフェイドアウトしてしまう。彼女だけ悦っちゃんと闘わない。一体どうしてだろうか?少しだけ検証。

1.本当にチャンピオンだが、待遇に不満を感じて急遽帰国したため
2.サニーの通っていた外人クラブのホステスに型を一遍通り教えて出演させたため
3.悦っちゃんとの一騎打ちシーンを撮るには撮ったが、山口君でさえも使えないと判断したため


このどれかだろう。


■アマゾネス7&モヒカン男の怪


女必殺拳 女必殺拳
更に期待は裏切られない極めつけはコイツラ。タイ式キックボクシングの使い手アマゾネス7の登場である。ドリフの雷様のような衣裳を着せられてやる気のない表情で黙々とサンドバックに蹴りをかます7人のタイ女達。その蹴りと膝蹴りの技術を見る限りホンモノだろう。

しかし、このアマゾネス7のテロップの背景で一人気になる人物が紛れ込んでいる。そうモヒカン・タイツ男その人である。こいつも嬉々とサンドバックを時計回りとは逆回転でフットワークを利かせてパンチしているのである。こいつも含めてアマゾネス7なのか?だとしたら8だろ?

その答えは、鑑賞者にお任せしよう。ただ一つ言える事は、実際に悦っちゃんとアマゾネス7が闘うシーンにおいて、7が実にしょぼかったという事実である。そのうちの何人かはやられる瞬間にアマゾネスの扮装をしたJAC要員の男に入れ替わってしまうのである(ワキ毛を露出して死に絶える)。醜すぎる・・・


■見よ!伸身トカチェフ一回ひねりを!


女必殺拳 女必殺拳 女必殺拳
間違いなく最強のパフォーマーは
伸身トカチェフ一回ひねりをかます天津敏だろう。しかも、『燃えよドラゴン』のボス・ハンを100倍しょぼくしたような鉄の爪。オレはこいつが跳んだ瞬間に歓喜したね。天津を跳ばせる。そんな発想・・・ある意味天才だよな。そして、その瞬間の音楽もかっこ悪すぎて逆に格好いい。

そして、このビッチな愛人。しかし、どうみてもギャグだよな。この鉄の爪を見せる時の天津敏の構え。夢にまで出てきたよ・・・ダサすぎて(褒め言葉)。


■屋敷から突然断崖絶壁へ!


女必殺拳 志穂美悦子
東映言語でもあるご都合主義によって、天津敏が犬走(石橋雅史)に監視カメラの説明をしている時に、悦っちゃんが丁度豪邸に忍び込む(オイオイ)。その時に「どっから入った」といって怒られちゃう悦っちゃんの凹んだフリをする顔がめちゃくちゃカワイイ。

そこに猛ダッシュで犬走が登場し、
何故かバトル開始モードに!突然東尋坊のような断崖絶壁に舞台は転換される!うう・・・次は変身でもするのか?更につり橋へと場面は転換し、悦っちゃん人形は海の藻屑へと消え去ってしまう。まあ東映の事だから死んでないだろうが・・・


■70年代の東映においてセーラー服=犯せだった

女必殺拳 女必殺拳 女必殺拳
その頃天津敏の屋敷では、紅竜の叔父がバカ丸出しにノコノコと敵のアジトに表敬訪問して捕まってしまう。そして、紅竜を誘い出さないと「ビッグショウを楽しませてやるぞ!」と天津が悪いオヤジ笑顔でスイッチを押すと・・・
回転した壁からかなり不気味な・・・大阪・京橋のラブホ街でも全滅したような不気味なベッドと天狗のお面の部屋が現れるのである。

しかも、ベッドの上にいるのは、セーラー服を着た叔父さんの娘麗子ちゃん。ウヒヒヒッと襲い掛かるむさ苦しいデブ男にセーラー服を剥ぎ取られながら「パパ、助けて!」と叫ぶ麗子。バックからガンガン責める鬼畜モードの中、遂に叔父さんは紅竜を誘い出すことに同意してしまうのだった。


■悦っちゃんが強すぎるのか 敵が弱すぎたのか


志穂美悦子 志穂美悦子
そして、誘い出される悦っちゃん。しかし、スーパーインポーズで名前の出てきた男たちが、次々に襲いかかってくるのだが、コレがまたことごとくすぐやられる。
ここらへんでオレは少し考えた。悦っちゃんが強いのではなくて敵とそれにやられた宮内洋が弱すぎただけじゃないのかと・・・

そして、敵のアジトに攻め込む悦っちゃん。遂に兄貴・宮内洋と再会するも、すぐにボウガンを武器にする宣教師(なんじゃそりゃ&この人が本作の殺陣を務めてる日尾孝司)に殺されてしまう。アオレンジャー全くいいとこなし。

そして、悦っちゃんも仕掛けられた落とし穴に落ちて宙ぶらりんになってしまう。そして、一本鞭でしばかれまくる。更に下には針の山。そして、悦っちゃんを吊っている縄に火が放たれた!果たして悦っちゃんは針の山から逃れることはできるのかぁぁ!と縄が焼き切れた瞬間(重力を無視した)バク転で逃れる!そして、ニヤリと笑う。
カワイイから許す。


■優しくヘッドロックをオレにもお願いします!


女必殺拳
さあ和製クンフー映画と言えば、残酷な死に様です。物語も後半ここからは残酷ショーのオンパレードです。その前に悦っちゃんも上下純白のクンフー服に着替えてくれています。しかもパンタロン風のズボンがまた格好いい。

大乱闘の末悦っちゃんに美味しく殺される栄誉を授かったのは、なぜかガングロの山本昌平(1938− )だった。蟷螂拳なのだが、めっちゃ弱そうなへっぴり腰の構えであっさりと悦っちゃんに捕捉されてしまう。しかし、その捕捉のされ方がポイント。

その胸のふくらみを後頭部に感じながらヘッドロックされて死んでいく山本君。おお・・・ジョルジュ・バタイユ。死の悦楽・・・そして、首が180度回転した状態で階段をとぼとぼ降りていきバタンと倒れて絶命する。一方、女子高生の娘をレイプしたデブ男は、唐突においしく登場したサニー千葉に、
北斗の拳のシン並みに腹を指で突っ込まれて、内臓がドロドロと垂れ落ちて死んでいく。


■最後に優しくパイルドライバーお願いします(クドイ!)


女必殺拳 女必殺拳
ラスト・ボスとのビッグショウ!
「紅竜一人と一人だな」という相変わらずセンスの無い台詞を掛け声に、舞台は断崖絶壁へと転換していく。なぜか上半身裸に黒の腹巻とストライプのパンツという天津敏(1921−1979)。そして、カタルシスの大ジャンプ!!

女必殺拳 北斗の拳
山口君予想図は右上。実際は左上。右上の
ケンシロウ&シン・ダンスを先取りしていたらこの作品は間違いなく神だった。しかし、実際は、ただ上に飛び上がってキン肉ドライバーのような形で悦っちゃんのフトモモに挟まれギコチナク地上に落下するだけだった。

最後はサニーの最高に爽やかな笑顔と、夕陽に向って涙する悦っちゃんのコントラストのもとに物語は終幕を迎える。こうして女ドラゴンは誕生したのだった。

− 2007年12月14日 −


当サイト内で使用している画像・映像キャプチャー等は、あくまで映画文化の熟成及び芸術復興を標榜する当サイトの意図により、
「映画を文章だけで云々することの不誠実さ」と「目で感じる芸術及び娯楽」である映画に対する敬意の姿勢で使用しております。よって著作権等は、全て各製作者・会社に帰属します。
画像・映像キャプチャー等の使用に関して表記の問題がある場合、又は削除依頼がある場合は迅速に応対させていただきますのでご連絡ください。
このサイトは、100%非営利に、純粋に「映画解釈の究極」を求めて運営されています。取り上げるべき作品・感想等ございましたらどんどんメールください。
当サイトはリンク・フリーです。
Copyright (C) 2007 Geijyutsu Taizen. All Rights Reserved.
Mail:webmaster@summaars.net